ペンと紙

ステレオタイプのアラサー女と言われても仕方がない。手帳と日記、神社、断捨離、婚活の自分用ふりかえりまとめログ。

お守り返納問題


お守りはよく「叶ったらお礼参りを兼ねて返納する」、「一年で新しいものを授かる方がいい」、「返納したいと思った時が返納の時期」とか言われる。

でも、ずっと自分の中でこれでいいのかわからないのが「叶ったと思って返納したけど、やっぱり叶ってなかった」問題。

そういう時に返納しちゃったお守りの効果はどうなるんだろう。その時は叶ったと思ってるから、新しいお守りは授からずに帰ってきちゃった。
まぁ効果的なものは終わりなんだろうけど、叶ってないのに返納しちゃったら、さらに叶わない状態になるのかな。バチとは言わないまでも、なにかあるのかな。



とか、お守りを返納する度に考える…。

五月の断捨離

今月は細々いらないもの、使ってなかったものを処分。

  • タイツ一枚(ボロボロだった)
  • 長年夏パジャマにしてたワンピース(ボロボロ)
  • 七分袖のシャツ(長年ずっと着てなかった)
  • サンダル(靴擦れするから履いてなかった)
  • もらったハンドクリーム(香りが好きじゃなくて使わなかった)
  • もらったノートカバー(使わなかった)
  • 香水(お気に入りが見つかって使ってない)
  • 今年2月に授かったお守り返納
  • パワーストーンブレスレット(買い替えてそのまま置いてあった)
  • 去年までの給与明細
  • 古い通帳
  • 年金や奨学金関係の古い案内
  • 文通の手紙の一部
  • 元カレとの写真、電話番号などのデータ
  • 婚活で出会ったけどご縁がなかった人たちのLINEID

出費が続くから、またシーツ買い替えできず。
もうそろそろ下着やタオルも買い替えたいところ。

最近のことまとめ

2月下旬〜3月上旬、元カレの音信不通のストレスで帯状疱疹発症。(別れたのは2月中旬)

少なくとも、元カレと別れた2月から引き寄せ、 断捨離はしていない。
そもそも断捨離するものがない。

夢ノートはたまに書き込んだりしていた。
やりたくない時は全くやらない。気分次第。

ハッピーな歌を聴き続けるミッションは、少しずつ曲を入れ替えつつ継続。
飽きても、暗い内容の歌詞のものは完全排除している。
最近はゴスペラーズのライブに行くために、ゴスペラーズばかり聴いてるので中断している。
このミッションの効果はわからないが、落ち込むことはなくなったような気がする…が、そもそもそんなに落ち込むことが起きてないので、わからない。

掃除も、以前のような脅迫観念に駆られたり、やることがなさすぎて休み毎にやるというわけではなく、暇な日にやる・汚くなってきたなと思ったらやる程度。
断捨離したおかげで、そもそもそんなに散らからない。

以前は生花を飾ることを意識してたが、ここ二ヶ月くらいは買いに行くのが面倒になって全く飾っていない。
生花があれば気分は違うのは違いないんだけど。

3月中旬、婚活再開。

去年の婚活や元カレとの事件のせいで、「男どもがその気なら私もいい加減にやってやる!それで彼氏できたら儲けもの」の精神で、再開。

去年と違って、常に3〜6人を同時進行でやり取りしていた。そのおかげで誰かから連絡が来なくなっても、他の誰かとやり取りしているので不安があまりない(ごめんなさい)。

約二週に一人のペースで男性とデート。
ほぼLINEでは良かったけど、実際に会うと価値観の合わない人ばかり。
そんな時に出会った男性が、相性よし、ミラクルな偶然が多発、考え方も他の人とは違ったところがとても面白く、会う前に既に少し好意があった。
が、こいつも実際に会うとなかなかの価値観で、ある理屈で身体の関係を要求される。(その理屈自体はわからなくもないものだったけど)
次の日、LINEのやり取りですったもんだあった末、私の価値観を全く尊重してくれず関係終了。さすがにこれは落ち込んだ。

この時点で、こんなにいろんな人と会っても自分に合う人と出会えないのか、このまま出会えずじまいなのかと少し悩んだ。
結婚相談所の入会を本気で考えるようになった。

その次の日、とんとん拍子で話が進んだため、違う男性とデートした。
強引なアプローチでこの人と付き合うことになった。
正直、展開が早すぎてどうなるかは全くわからないが大切にしたいご縁だと思う。
この人と一緒に、素敵な時間を過ごしていきたいと思う。


結局のところ、引き寄せだとか断捨離だとか、そういうものが去年からの私の婚活に影響していたとは考えられない。
もちろん断捨離は精神的にスッキリするし、自己肯定感を上げるのもいいことだし、引き寄せ自体を否定はしないけれど、「それで結婚できる」とかはそんなもん結果論だなと。
巷に溢れてる方法とかは「そうなった」人がほぼ書き込んでるものなので、そりゃ「こうすればそうなる」というように広まってしまうわけで。

大切なのは、自然体で素直でいること、我慢しないこと、そしてなにより口で言うより行動だなと思う。
とても心穏やかに過ごしていたって、突然帯状疱疹になっちゃったり、よくわからない男と出会って嫌な思いをしたり、嫌なことは生きてりゃ必ず起こる。
でも嫌なことがあって折れそうになりながらも、望んだ通りにいかないけど、とにかく信じて行動していればいいこともあるかなって思えるようになった。

最近はそんな感じ。

四月の断捨離

  • ミスチルのライブグッズ(買ったけど自分では絶対に使わないリストバンド)をフリマアプリで売却。
  • もらったけどあまり好きでなかった化粧品サンプルをまとめてフリマアプリで売却。

捨てたものはないし、新調したものもない。
シーツの新調をずっとしたいけど、突然の出費が続いたので保留中。

ちょこちょこ服を買い始めたので、最近服が増えつつある。
春夏物に衣替えをした時に、なんでこれまだ取っておいたんだっけ?っていうものがいくつかあったので、それをこの夏早めに見極めたい。

もう少し部屋がすっきりしないかな?と思いつつ、処分できるものがない。

三月の断捨離

基本的に服以外は買い替えのみ。

3/6

  • 衣類を収納していた布製のラックボックス2つ(衣類ケースを大きいものに買い替えしたため不要になった)

3/13

  • 長袖インナーシャツ2枚(買い替え)

3/24

  • 前シーズン着ていないワンピース2枚
  • 寝巻きにしていた古い夏ワンピース1枚
  • 1年以上着ていないスキニーパンツ1枚

3/30

  • 8年以上前にもらって、5年以上前から使っていた古いまくら(買い替え)
  • 2年履いていないパンプス2足
  • 3年前に着ていて、かわいくて捨てられなかったコート

二月の断捨離

買い替えるものはあっても、もういらないものはないと思っていたけど、まだあった。なんで一月の時に捨ててなかったんだろう。

とにかくシーツ買い替えたい。

2/9

2/13

  • カラーレギンス2枚、冬服3枚

2/15

  • 小説一冊売却

2/16

  • 着心地が悪いワンピース1枚


あとはこのシーズンで着なかった服を衣替えの時に処分するのみかな、と思う。

断捨離完了もかなり近い!

第一回手帳会議 for2018



去年とガラリと手帳を変えて、二ヵ月使ったことを踏まえての手帳会議。


日記【決定】

Discovery Day to Day
使い方は今までと変わらず、その日あったこと・思ったこと・文通の記録の詳細を書く。

問題

  • もっと冊数を減らしたい。まとめられるものはまとめたい。今年から使い始めたほぼ日手帳weeksの意味があまりない。
  • スケジュール管理を書き込む必要があるか?(携帯で管理した方がいいのでは?)weeksが日記みたいになっているくらい、書き込むスペースがあり過ぎる。
  • weeksほどの大きさはいらない。
  • 週間レフト式手帳でなくてもいい。
  • スケジュール管理帳をなくした場合、体重・生理日・お通じの記録(半年〜年間で俯瞰で眺められるようなものがいい)はどこに記入するか?また、旅行に行く時のホテル・交通情報はどこにメモするのか?(携帯ではなく紙ベースにしたい)
  • ほぼ日手帳以外で使い勝手のいいものをあまり見たことがない。
  • 未来日記は手帳にするのか、ノートにするのか?


解決案

  • ほぼ日手帳週間手帳(¥540)にする。薄く、軽く、Discoveryに挟めるので持ち運び実質一冊になる。これまで通り、スケジュール管理・体重その他や旅行、文通の記録・日記を書くときに参考にする毎日の記録なども書き込める。
  • 未来日記については保留。今年使っている二冊を使ってから決める。いいこと日記も続行するかは今年末まで続けてから決める。


おまけ〜ほぼ日のメリット・デメリット

【メリット】

  • 紙質が好き
  • 薄いのに裏写りしない
  • どんなペンでも書きやすい
  • オリジナルのavecが薄さ・大きさがちょうどいい
  • オリジナルの年間チャートに体重の変化を折れ線グラフで書けるのがいい

【デメリット】

  • 下の文章いらない
  • 巻末の雑学ぽいページいらない
  • いらないページが多い