読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンと紙

ステレオタイプのアラサー女と言われても仕方がない。手帳と日記、神社、断捨離、婚活の自分用ふりかえりまとめログ。

2016年断捨離祭【冬の陣】

婚活 引き寄せの法則 断捨離

12月初めにプレ大掃除を決行した。
なので年末にまた軽く掃除をするだけでいいやと思っていたけど、なにせやる気がない。でも窓拭きと棚拭き、掃除機は最低でもやらぬば、と思いつつやっぱり気が乗らない。

なぜかというと、
彼氏の様子がおかしくて、連絡してもなかなか返信がなく、何も手につかないから。

実はイブの日に日帰り旅行に行き、私が機嫌をそこねて初めてケンカをした。
お互い謝って仲直りして、いつも通りに戻ったのだが、それから連絡がとれにくい状態が続いて私は不安爆発。

こんな不安を抱えたまま、年越しなのか?
そんなことでモンモンして掃除どころではない。

が、
ここで気がついた。
掃除をやる気は起こらないけど、そういえば彼と出会ってから掃除を満足にできていない。
断捨離を年内で完了できると思っていたけど、このままじゃ終わらない。

そしてなによりも
断捨離した時のスッキリした気持ちを思い出した。

今何も手につかなくてモンモンしてるこの嫌な気持ちを吹き飛ばすには、そうだ、掃除だ。

ということで
2016年断捨離第3弾、冬の陣決行。

捨てた物

→ 入手するのに苦労したものと絶版になっている書籍のコピーは残してある。論文自体はPCとUSBにデータがあるのでよし。

  • 写真

→ PCにデータがあるのでよし。

→ 連絡とらない人は削除。

→ ここ2、3年はAmazon使ってないので。

→ この半年着なかったもの。

  • 本とCD

ブックオフへ。

  • マスキングテープ

→ 前回よりもさらに厳選、使ってないものをまたフリマアプリで売る。

  • メモ帳のストック

→ 雑記帳として持ち運びに便利なものだけ残した。

結果

マステ、服、論文関係、本、メモ帳(文房具)あたりはまだ減らせそう。

2016年内で自分の物の断捨離を完了できるかと思ってたけど、全然まだまだだった。
秋頃、掃除してまだ部屋がゴチャゴチャしてるからもう少し減らしたいな〜と思ってももういらないものがなくて、もうそろそろ断捨離も完了だなって思ってたけど、論文関係に手を掛けた。

過去の栄光を手放すといいといろんなところで読んだけど、論文関係はずっと捨てられなかった。

でも今回、やっぱり読んでなかった・今活用できてないのに無駄にスペースを取る資料たちと、自分がこんなにがんばったことを捨てたくなかったことに執着があるんだなと思って、思い切った。

そもそもこれまで2回断捨離をしても全く後悔したことがない。あれ?あの漫画どこに置いたっけ?って思って手放したことを思い出して、「ああ…ないんだった」ってしんみりすることはあるけど、ああ〜!捨てなければ良かった!とは思わない。

実際、論文を捨てても全く後悔がない。
だっていくら栄光でも、家にあっても見ないんだもん。データもあるし。
資料集めるのにどれだけ苦労したか、と思ったら捨てられなかったけど、それも「私こんなにがんばったんだから!」っていう過去の栄光への執着だったんだろうな。


そして
やっぱり断捨離するとスッキリする。

今回、ずっと不安とモンモンで胸のあたりがずっと詰まってるような、おかしい感覚だったのがなくなった。
掃除中はたぶん集中してたり、次あそこのスペースをこうしようとか、いらないことを考えずに強制的にずっと動いていたからだろうな。

総括

そういうことで、
私にとっての断捨離は、今の所良い結果しかないように思う。

ただ問題なのが、1度断捨離を始めると、全部のモノというモノがいらなく思えてくる。
(おそらく若干、自暴自棄になる感覚)
そうなってくるともう病的になってしまうし、私はミニマリストを目指している訳ではないので、そうならないように「必要なお気に入り」だけに囲まれる生活を目指してやった。

2017年の春までには、これが私のお気に入りのお部屋と言えるようにしたい。