読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンと紙

ステレオタイプのアラサー女と言われても仕方がない。手帳と日記、神社、断捨離、婚活の自分用ふりかえりまとめログ。

2017年神社めぐり①【信心が足りません?】

神頼み 神社・寺院 おみくじ

弾丸で福井県まで行ってきた経緯


元々彼氏と温泉に行くことになっていたために連休を取っていた2日間があった
→ 何も決めることができず彼氏の音信不通発生
→ 必然的に温泉話はなかった状態
→ この連休どうしよう
→ 家にいるのはネガティブになるから嫌だ
→ 一人で旅行に行くのも気分じゃない
→ 名古屋に行こう
(以前住んでたから旅行でもないし、近くもなく遠すぎるわけでもなく、旅費も安く、それなりに気分転換になるだろう)
→ 名古屋で一緒に働いていた先輩(私が一番信頼している人)と会いたい・話したい
→ 先輩へ連絡
→「その日はコンサートで福井行くわ。そういえば、その後彼とはどう?」
→ 経過報告と温泉の話と泣きベソ
→「じゃあ福井くる?一緒にごはんたべる?」
→ いく!たべる!(即答)


ということで、先輩に会うためだけに福井まで行ってきた。

しかし名古屋よりも近いのに、名古屋よりも旅費がかかるのはなぜだ。
正直、この時のこの出費はかなり痛かった。あと連日の大雪でかなりの積雪量の中、仕事終わって急いで向かったのもちょっとキツかった。

でもそんなこともうどうでもいいや、なんとでもなるわ!となるほど精神がキテいた。

この1月末の2週間、いつでも泣けるほど、夜お布団に入ると「つらい」という言葉で頭がイカれそうなほど、この1年間の婚活のストレスがすごかった。そして先日やっと気がついたけど、生理周期がこの1年ガタガタになっているほど結構なストレスだったっぽい。


福井の神社めぐり

福井には24時間も滞在していなかったけど、先輩と話をして泊まって、それはそれは有意義というか会ってほんとによかったと思う時を過ごした。

先輩と別れ、福井でちょっと観光して帰ろうと思い今回ふたつの神社に参拝へ訪れた。
(ほんとは恐竜博物館に行きたかったけど、意外と遠かったから、一人じゃなくて誰かと行きたいと思ってやめた)

気比神宮(敦賀市)

有名な鳥居は工事のため、全く見えない状態だったけど、相当大きくて立派なんだろうなと思う。
とても美しい境内と朱色のお社が素晴らしい。

授与所ではなにも授からず、帰りにおみくじを引いた。恋みくじじゃなくて普通のおみくじ。


おみくじの結果

  • 吉…幾等よい運勢にあっても 他人に対し驕り高ぶり有頂天になって謙譲の心を失い信仰心を忘れると楠の大木でさえその香が無くなるように幸福が忽ちに逃げ去ります 心身共に健全にしましょう

その他の欄でも信神しなさいとか、信神すれば叶うとかの記述が多かった。


出雲大社 福井分院(福井市)

日曜日だったから、隣の式場で結婚式が行われていた。

小さいけれど、とても立派なお社で、出雲大社特有のしめ縄が美しかった。

授与所で恋みくじ、開運守り(彼氏は特に欲しくないという友達用)、縁結び守り(自分用)を授かった。
ほんとは縁結びの紅白の糸が欲しかったけどなかった。残念だけどこれもご縁。

最後に巫女さんから「ようこそのお参りでございました」と言っていただけて、なんだか来たかいがあったなと思った。
しかも巫女さんって、厳かな雰囲気であまり笑わないという感じだけど、この方は口角が常に少し上がっていて、とても美しい微笑だった。
それだけでも御利益がありそう!って思っちゃう。


恋みくじの結果

  • 吉…恋しくて 苦しい幾日幾夜が過ぎて 心も体も痩せ細る程です こんな時には神様にお縋りし お祈りしましょう 愛の思いは 相手の人にきっと届く日がきます

痩せ細って…はいないけど、心はすでにだいぶすり減っております…。



神社では感謝を伝える場所であって「〜になりますように」とお願いする場所ではないと言われているので、参拝の際は「最近はこんな感じで過ごしています。今後も見守ってください」というご報告しかしていなかったけど、今回はさすがにつらすぎて「正直申し上げて、とてもつらいです。なんとかしてください。お願いします」とお参りした。

それでもまだ信仰心が足りないということなのかしら…?逆を言えば、もっと神頼みをしていいっていうことなのかな。